やる気を持たせてくれた京都の通信制高校

転校してイジメにあうようになった

来年大学を卒業して就職の24才ですが高校の頃は通信制高校に通っていました。
正確に言うと全日制の高校に8か月と1年のブランクを経て通信制高校に入りなおして3年通ってから大学へ進学した身です。
小学校は父親の仕事の都合で高学年まで岡山いて、6年の時に京都に引っ越してきました。
県民性も大きく違いを感じて戸惑っていましたが転校というのは何かと負担がかかるものでうまくやっていけずに次第にイジメにも合うようになってきました。
今思えば岡山でもそんなに人と仲良くやっていくタイプではなかったので自分に原因があったとは思ってます。
しかし一度イジメにあってしまうとそこからやり直す事は難しく中学に進学して違う学校の生徒と新しく知り合いになってもイジメられていたという噂はあっという間に広まっていき、自分と仲良くする事で違う友達との仲が疎遠になる事を警戒する人たちは自分の周りからあっという間に離れていきます。
それは中学だけではなくて高校に入ってからも同じでした。
勉強自体は嫌いではなく、むしろできるほうだと思っています。
5段階評価の最低でも3で4が多く5も少しあるといった具合です。

転校してイジメにあうようになった高校に通うのが苦痛になって不登校から退学に大学進学する事も珍しくないそうです

通信制高校 京都京都府立朱雀高等学校通信制